開発受託サービス

開発受託、開発・製造一括受託サービス

企画・設計〜量産までワンストップサービス

IoT/ICTシステム機器、マイクロコンピュータ関連機器、産業制御機器の製品化を短期間で実現します。

設計の段階から、ご要望の仕様を満足しつつ、常に最良のコストでモノづくりを行います。

事例紹介

即時耐震診断システムの開発

即時耐震診断システムは MCU + 3軸センサ + LTE が採用されております。 地震発生時、即時に家屋の安全性をAIで診断し、避難の有無や家屋の損傷による修理の有無などを表示してお知らせします。 実測データと診断結果はLTE通信でクラウドサーバーに送信。その情報は数分でユーザーにメールで送付されます。 充電池が内蔵されてますので、地震による停電が発生しても動作は停止しません。
※「AI耐震診断」、「AI維持管理」は松本設計ホールディングス(株)の商標です。


松本設計ホールディングス株式会社 様

TUNEGRIDの開発

TUNEGRIDにはわが社の強みであるMCU+3軸センサ+2.4GHz帯特定小電力無線(BLE)が 採用されています。プロアスリートをはじめとするスポーツ選手の活動量をセンサで測定、 Bluetooth5.0 Low Energy(BLE5.0)無線通信でタブレットやスマートフォンに情報を アップロードしデータ分析が行えます。 シューズへの内蔵が可能な小型BLEセンサのため送迎バスの児童見守りや、家畜の生体管理、 物品管理などあらゆる人とモノのIoTを簡単に実現します。 弊社はデバイスのハードウェア・ファームウェア・金型による樹脂成型品の開発、信頼性評価、 量産品の製造業務を担っています。


株式会社アシックス 様

無線センサモジュールの開発

血管に注入される薬液が体内に漏れ出ていないかをセンシングして、2.4GHz帯特定小電力無線(BLE)で注入装置本体へ情報をアップロードする医療機器クラスⅡのシリンジポンプ装置に組み込む無線センサです。従来は有線でシリアル通信した仕組みをそのまま無線化するために、汎用シリアルプロファイルを採用したBLE無線通信が特徴です。弊社はモジュールのハードウェア・ファームウェアの設計・評価を担当しました。


株式会社根本杏林堂 様

車載端末装置の開発

業務用特殊車両用に開発された車載端末装置です。業務の指示や報告などを簡単にできるようにタッチパネル付き液晶モニターを前面に配し、自律的に位置情報を得るためにGPSを、外部通信用インタフェースとしてUSBを搭載しています。車載特有の振動や過酷な業務にも耐えられるよう、筐体には板金を用いています。弊社はユニットのハードウェア・板金筐体の設計・評価を担当しました。


Q社 様

無線センサモジュールの開発

乳幼児の体動(脈拍や心拍がもととなる振動)をセンシングして、2.4GHz帯特定小電力無線(BLE)で保育士が携帯するタブレットやスマートフォンへ情報をアップロードする医療機器クラスⅠの乳幼児体動センサに組み込む無線センサです。弊社はモジュールのハードウェア・ファームウェアの設計・評価を担当しました。


グローバル電子株式会社 様

フラッシュメモリプログラマの開発

ルネサスエレクトロニクス製マイコンのフラッシュメモリにお客様が開発したファームウェア(プログラム)を書き込む装置です。USB2.0の他、シリアルインタフェースやシーケンサーなどで制御するためのリモートインタフェースを有しているので、パソコン以外にもお客様の書き込み環境に組み込むことが容易です。スタンドアロンで書き込むことができるので、モバイルバッテリーで動作させればオンサイトでの保守業務にも快適にお使いいただけます。紛失や盗難対策としてワイヤーロック用のスロットのほか、装置にダウンロードしたお客様のプログラムを暗号化します。外部インタフェースはすべてケースそのもで固定してるので堅牢性にも優れています。


弊社オリジナル商品

ATFチェンジャーの開発

ATFオイルを交換するATFチェンジャーの電装部です。タッチパネル付き液晶モニターを搭載し、オイルを輸送するポンプモータの制御、新油、廃油の流路を切り替える電磁弁の制御、油量計測の為の流量計センサのパルス検出、廃油タンク量計測用のロードセルによる重力計測(10g精度で計測)、新油、廃油のオイル通過を確認するためのバックライト制御を行い、手順のアナウンス音やタッチ音、ブザー音等をクリアな音質でスピーカーから出るように工夫されています。RL78ファミリマイコンおよびPICマイコンを採用し低価格を実現しました。弊社はユニットのハードウェア・ファームウェア・シャーシの設計・評価を担当しました。


株式会社ヤマダコーポレーション 様

半導体レーザダイオード駆動用ドライバー ⾼精度40ch並列式ACC電源の開発

半導体レーザダイオード(LD)の寿命試験等に使⽤される⾼精度の定電流ACC(オートカレントコントロール)電源です。超高精度(<±10uA)の安定した定電流出力により、LDを40ch(並列式)で同時にエージング試験が可能です。ACC機能搭載により、温度変動によるVf(順方向電圧)値の変動に関わらず、設定値通りの高精度な定電流供給が出来る為、エージング中の日々の電流調整は不要です。並列式は直列式と異なり、試験中に単独故障が発生した場合でも、その他の正常品の試験は継続させることにより再試験のリスクを回避することが出来ます。DUT(Device Under Test)ボードとの接続ケーブルを作製することでLDのどのようなタイプにも使用可能です。多機能、多chの構成ですが、軽量かつコンパクトな設計となっています。本装置はPCとの接続により、現状の電流値およびVf値をリアルタイムにグラフ表示、LD故障時にはハイライト表示させることが出来ます。試験時の出⼒電流値やコンプライアンス電圧、on/off制御などの設定は全てPC上で可能です。試験結果の出力電流値、およびVf値は1sec毎のログ(csvデータ)が自動的にPCに保存される為、ログを確認することでエージング中のVf値を確認できる為、試験終了時まで本機に全てお任せ可能です。

※なお、同様の定電流回路を用いて高精度な直列式システムもカスタム設計可能ですのでご相談ください。


弊社オリジナル商品

64kCLK-Testerの開発

ITU-T G.703規格準拠の64k+8k(又は+0.4k)バイポーラ信号発生器です。クロックソースを、4種の入力クロックの中から選択することができ、接続先の要求クロック精度に応じた周波数制度のクロックを出力します。8本の出力は2グループに分かれており、4本ずつ個別のクロックソースを選択することができます。振幅可変試験、bit断試験などの機能を有しているので、NTT装置入力信号規定に準拠した試験に対応することができます。位相跳躍機能を有しているので、クロック位相跳躍評価などの通信装置入力変動耐力評価にも使用することができます。RS232Cを通じたコマンドによるリモート機能があり、自動機で試験を行うことができます。


弊社オリジナル商品

無線電力測定タップ(ビュータップ)の開発

無線による電力測定制御機能付き4口タップです。UHF(サブGHz帯)特定小電力無線で4口のコンセントの消費電力を測定し、遠隔地から電源をOFFにすることができるタップです。電気用品安全法の特定電気用品で技術基準に適合しています。ケースは射出成型品で、コンセント部分はユリア樹脂の採用で耐トラッキング性能をもたせています。ADCで電圧波形、電流波形をマイコンに取り込みリアルタイムに電力を計測します。電流測定の精度を向上させるためにアンプのゲインを3段構成としたことが特徴です。


弊社オリジナル商品