製品ラインアップ

RE01評価キット用GNSSオプションボード(EV-100-GPS-3)

RE01評価キット用GNSSオプションボード(EV-100-GPS-3)は、ルネサス製RE01評価キット(EK-RE01 1500KB/256KB)に接続したエナジーハーベストシステムで、パワーマネジメントを行いながらGNSS (Global Navigation Satellite System) 情報を取得するための評価用オプションボードです。

This is an evaluation option board for acquiring GNSS (Global Navigation Satellite System) information while performing power management with the Renesas RE01 evaluation kit (EK-RE01 1500KB/256KB) and GNSS option board (EV-100-GPS-3).


ソニーセミコンダクタソリューションズ製GNSS受信LSIは独自設計による高周波アナログ回路 とデジタル信号処理回路による業界最小レベルの消費電力での高精度測位を実現し、GPS/GNSSを利用したIoT/ウェアラブル製品の長時間動作を可能にします。

Sony Semiconductor Solutions’ GNSS receiver LSI realizes high-precision positioning with the industry’s lowest level of power consumption by using a uniquely designed high-frequency analog circuit and digital signal processing circuit. Enables long-term operation of IoT / wearable products using GPS / GNSS.


RE01評価キットとGNSSオプションボードと組み合わせることでエナジーハーベストで動作するGPS受信器を容易に開発できます。

By combining the RE01 evaluation kit with the GNSS option board, you can easily develop a GPS receiver that works with energy harvesting.

Evaluation Kit RE01 1500KB

EV-100-GPS-3

Evaluation Kit RE01 256KB

EV-100-GPS-3

●仕様一覧

項目 仕様
ターゲットデバイス
(Target Device)
型番(Mode):CXD5603GF
パッケージ(Package):49-pin WLCSP
オンボードメモリ
(Onboard Memory)
SPIシリアルフラッシュ(SPI Seriall Flash):16Mbit
電源
(Power)
電源IC:3.3V 入力、1.8V 出力
(Power IC:Input 3.3V Output:1.8V)
プッシュスイッチ
(Push Switch)
リセットスイッチ(Reset Switch)
RFアンテナ
(RF Antenna)
GPS向け 右旋円偏波 セラミック製 パッチアンテナ
(RHC polarization ceramic patch antenna for GPS)
Arduino UNO インターフェース
(Arduino UNO I/F)
2.54mmピッチ:10ピン×1(J6)、8ピン×2(J10,J18)、6ピン×1(J19)
(2.54mm Pitch:10Pin×1(J6), 8Pin×2(J10,J18), 6Pin×1(J19))

●ブロック図

RL78/G1D無線評価モジュール(RM-110-RFB-2)

BLE(4.2)に対応した無線モジュールです。


RL78コアの特徴が活かされた「超」低消費電力なので、開発・評価用途の他、実証実験などへの組み込み用途としても最適です。


電波法技術基準適合認証済みのルネサスエレクトロニクス社製RL78/G1Dモジュール(RY7011A0000DZ00)を搭載しているので、特別な手続きなしにすぐにお使いいただけます。


コイン電池ホルダの実装エリアを確保。そのままセンサネットワークのエンドポイントデバイスとしてもお使いいただけます。

●仕様一覧


●外観・寸法

項目 RM-110-RFB-2
送信出力 0dBm(1mW)
受信感度 -90dBm
通信帯域 2402MHz~2480MHz
通信性能 10m以上
シリアルI/F UART、CSI、I2Cバス、簡易I2C
アナログポート A/D入力8
デジタルポート I/Oポート19、Nchオープンドレイン出力2、外部割込み入力3
電源電圧 DC1.6V~3.6V
消費電流 送信時:4.3mA / 受信時:3.5mA(電源電圧DC3.0V/STOP)
寸法 40 mm × 19 mm × 12 mm
使用環境 -25℃~+75℃/20%~80%Rh(但し結露なきこと)
保存環境 -40℃~+85℃/20%~80%Rh(但し結露なきこと)
対応規格 電波法技術基準適合証明、RoHS
ヘルスケア向け RL78/I1E評価キット(EV-100-RFB-2)

脈波と心電波形をタイムリーに測定できるヘスルケア向けRL78/I1E評価キットです。


アナログリッチなルネサスエレクトロニクス社製RL78/I1Eと、電波法技術基準適合認証済みのルRL78/G1Dモジュール(RY7011A0000DZ00)を搭載しています。


お客様独自のセンシングアルゴリズムが検証できるソリューションを提供します。

●EV-100-RFB-2 の特徴

・ヘルスヘアを題材に、RL78/I1Eの充実したアナログ機能を実感いただけます。

・心電波形用の「電極」、脈波用の「光センサ」を搭載。
※2uV/1msec分解能で2chアナログ信号(電極・光センサ)を取得

・主要ICはたった3個でアナログ測定回路を実現。
※RL78/I1E ×1 + 光センサ + Nch MOSFET

・RL78/G1Dが搭載された「超」省電力BLEモジュールを使用。
※最大85.3kbpsでの生データの伝送と、HRPなどの汎用プロファイルとを両立

・RL78/I1Eプログラムのオンチップデバッグ機能を搭載。公開しているソースコードと、ルネサスエレクトロニクス株式会社様より公開されているアプリケーションノートと合わせて、お客様独自のアルゴリズム研究をサポート。

・公開している評価用GUIソフトウェアでお客様が開発したアルゴリズムの検証も容易に。

●評価キットシステム構成

※1 本評価キットは、医療機器ではありません。

※2 RL78/G1Dのファームウェア、評価用GUIソフトウェアはサポート対象外です。それぞれhexファイル、exeファイルでの提供です。

※3 Renesas製RL78/G1D評価ボードはルネサス特約店へお問い合わせください。

[製品構成]
・センサボード(電極付)
・パワーボード(ケース付)
・E1アシストボード1・2
・フレキケーブル

●仕様一覧

測定項目 フィードバック電極と反転増幅回路によるハムノイズ抑制心電波形
LED付フォトリフレクタによる脈波形
3軸加速度センサによる加速度
外部I/F 無線(BLE)I/F、E1エミュレータ用I/F(RL78/I1E用、RL78/G1D用)
使用環境 0℃~40℃/20%Rh~80%Rh
保存環境 0℃~55℃/20%Rh~80%Rh
対応規格 電波法(TELEC)、電気用品安全法(Liイオン電池は適用対象外、RoHS)
提供F/W RL78/I1E用サンプルコード、RL78/G1D送信用サンプルプログラム(hex)
RL78/G1D受信用サンプルプログラム(hex)、Windows用GUIソフトウェア

●留意事項

・本評価キットは医療用ではありません。

・本評価キットを廃棄する場合はLiイオン電池リサイクル(資源有効利用促進法遵守)のため、必ず弊社まで送付願います。

・測定データ受信用にRenesas製RL78/G1D評価ボード(RTK0EN0001D01001BZ)をご用意ください。

QUAN社製脈拍測定ソリューション評価キット(HRM-WRSTB01)

脈拍をタイムリーに測定できるQUAN社製脈拍測定ソリューション評価キットです。


腕時計型ウェアラブルを題材に、ルネサスエレクトロニクス社製RL78/I1Eセンサボード、RL78/G14オプションボード、RL78/G1D通信ボードで構成された脈拍測定ソリューション評価キットです。


お客様独自のセンシングアルゴリズムを検証するための環境を提供いたします。

●HRM-WRSTB01 の特長

・HRM-WRSTB01は、脈拍測定ソリューションの開発・評価に最適なキットです。

・ルネサスエレクトロニクス社製RL78/I1Eセンサボード、RL78/G14オプションボード、RL78/G1D通信ボードの3層で構成されます。

・センサボードに実装された脈波センサからの信号を元にRL78/I1Eで脈拍数を計測し、結果を通信ボードのBLEマイコン(RL78/G1D)を通してスマートフォン等へ伝送できます。

・オプションボードを接続した場合は、詳細ログの取得も可能です。

・E1アシストボードが付属しているため、各MCU内蔵フラッシュROMへのプログラム書き込みも簡単です。

・腕時計型の専用筐体が付属しているため、スムースに評価フェーズへ移行できます。

●外観


●システム構成

※ボード3枚構成時(通信ボードとセンサーボードの2枚構成での動作も可能です)

●各ボードの特徴

・RL78/G1D通信ボード
通信ボードは、実装済みのアンテナと共に、BLEによる通信機能を提供します。
ルネサスエレクトロニクス社製RL78/G1Dを用い、HRP(Heart Rate Profile)によって1秒に1回、測定結果を伝送します。
Android OSを搭載したスマートフォン等で、脈拍値を表示できます。

・RL78/G14オプションボード。
脈波A/D値や加速度データなど脈拍測定の解析に必要なログデータをUSB経由で出力する際、および二次電池を充電する際に必要なオプションボードです。
ルネサスエレクトロニクス社製RL78/G14を使用しています。

・RL78/I1Eセンサボード
ルネサスエレクトロニクス社製RL78/I1E、脈波センサ、および加速度センサを実装しています。
マイコンには脈拍計測・アルゴリズム、体動キャンセル・アルゴリズムが搭載されています。
脈波センサ(光センサ)はNJL5304R(新日本無線製)、加速度センサにはKX022(Kionix 製)が採用されています。

・オプションボードを接続した場合は、詳細ログの取得も可能です。

・E1アシストボード
各ボードに搭載のMCU内蔵フラッシュROMへプログラムを書き込む際に使用します。
E1エミュレータ接続用のコネクタと、各ボードを接続するためのコネクタが実装されています。

●E1アシストボード

※E1アシストボードは本製品専用となります。


[製品構成]

・RL78/G1D通信ボード(バッテリー付)

・RL78/G14オプションボード(USB-OTG 搭載)

・RL78/I1Eセンサボード

・E1アシストボード

・専用の筐体及びリストバンド


詳しくは  QUAN社のホームページ を参照して下さい。

●留意事項

・本評価キットは医療用ではありません。

・リチウムイオン電池が内蔵されております。取り扱いには十分ご注意ください。

可視光受信モジュール評価キット(VL-100-USB-3RA)

本製品は、可視光ビーコンシステム(JEITA CP-1223)に対応した評価キットの受信機です。可視光受信モジュールは、単体でそのままお客様の製品に量産として組み込むことが可能です。

●VL-100-USB-3RAの特長

・外乱光の影響をうけにくい:太陽光(4万 Lx)の環境で受信可能

・広い照度ダイナミックレンジ:6.5Lx以上の受信が可能

・手振れの影響をうけにくい:急激な照度変化にも対応

・低消費電力:可視光受信モジュールの消費電流4mA


[製品構成]

・可視光受信モジュール(VL-100-UAR-3R)

・USBベース基板

●仕様一覧


●外観・寸法

項目 可視光受信モジュール USBベース基板
外形寸法( H × W × D ) 11 mm × 20 mm × 5 mm 19 mm × 77 mm × 8 mm

●動作条件

項目 記号 MIN MAX 備考
動作温度範囲 Top
0℃
45℃ 結露なきこと
動作湿度範囲
R.Hop 40%RH 85%RH  
保存温度範囲 Top -20℃ 60℃ 結露なきこと
保存湿度範囲 R.Hop 40%RH 85%RH  

●電気仕様

項目 仕様 備考

消費電流

可視光受信モジュール:4mA(待機時1.3mA)
USBベース基板セット:16mA(待機時12mA)
 
受信信号 サブキャリアなし4PPM、4.8kbps JEITA CP-1223対応
受信照度 6.5Lx以上 送信機:変調率50%時
可視光送信基板評価キット(VL-100-3T)

可視光ビーコンシステム(JEITA CP-1223)に対応した評価キットの送信機です。送信用F/Wソースを公開しているため、お客様のLED照明などに組み込んで容易に評価することが可能です。

●VL-100-3Tの特長

・ルネサスエレクトロニクス社製デバイス評価ボードを改造 :マイコン(RL78/G12)搭載

・コイン型リチウム電池で動作 :場所を選ばず使用可能


[製品構成]

・VL-100-3T本体

・ユーザーズマニュアル

・コイン型リチウム電池(CR2032)

・送信用F/Wソース(無償サンプル)

●仕様一覧


●外観・寸法

項目 送信機
外形寸法 56 mm × 71 mm

●動作条件

項目 記号 MIN MAX 備考
動作温度範囲 Top
0℃
40℃  
保存温度範囲
Top -15℃ 60℃  
周囲湿度範囲 R.Hop 10%RH 80%RH 結露なきこと

●電気仕様

項目 仕様 備考

消費電流

25mA(送信時)  
送信信号 サブキャリアなし4PPM、4.8kbps JEITA CP-1223対応
電力測定ソリューション向けRL78/I1B評価キット(EV-200-USB-3)

ルネサスエレクトロニクス社製RL78/I1Bを活用した電力測定ソリューション用評価キットです。


電力測定の学習や、さらにはRL78/I1Bの使い方を深く理解していただくための評価キットです。

●EV-200-USB-3の特長

・有効電力、無効電力、皮相電力、実効電力、実効電流を測定。

・2種類(CT、シャント抵抗)の電流測定方法に対応。

・Pmod I/F搭載。Pmodモジュールで無線接続に対応。

・外部I/Fをアイソレーションしているため感電を防止。

・リファレンスプログラムを用意。電力計算プログラムにアクセスするためのAPIやマイコンの資源にアクセスするためのドライバを用意。


[製品構成]

・RL78/I1B評価キット本体(EV-200-USB-3)

・シリアルケーブル(UART/USB変換)

・Pmodケーブル

・電源ケーブル(電源側、負荷側)

・必ずお読み下さい。

●仕様一覧


●外観寸法・質量

項目 RL78/I1B評価キット
外形寸法*1 125 × 125mm 、高さ50mm
質量 約410g

●動作条件

項目 記号 MIN MAX 備考
動作温度範囲 Top
0℃
+40℃ 結露なきこと
動作湿度範囲
R.Hop 20%RH 80%RH  
保存温度範囲 Top 0℃ +55℃ 結露なきこと
保存湿度範囲 R.Hop 20%RH 80%RH  

●測定条件

項目 RL78/I1B評価キット
測定項目 有効電力、無効電力、皮相電力、実効電力、実効電流(単相2線式)
電圧測定 AC90V ~ 125V*2 AC90 ~ 135V/AC180 ~ 250V 誤差±5%
電流測定 0.1~15A 誤差±5%
電力測定 40~1500 W/VA/Var*3 誤差±5%
電流測定方式 CT方式 又は、シャント方式

●その他

項目 RL78/I1B評価キット
外部I/F UART I/F、Pmod I/F
対応規格 RoHS*4

*1本体のみの寸法。突起物等を除く。

*2添付の電源コードは、定格100V 15Aです。公称入力定格AC100V以外の電力測定を行いたいときは、本電源コードを使用しないで、お客様にて電源コードを作成して下さい。詳細はアプリケーションノートを参照して下さい。

*3お客様がご使用になる電圧ごとに1500VAを超えないよう電流値の設定をして下さい。

*4RoHS証明書の発行をご希望のお客様はご購入元にご相談ください。

R8C/3MQ無線モジュール(RM-100-RFZ-2)

家庭用無線リモコンの国際規格RF4CEに対応した組込無線モジュールです。


ルネサスエレクトロニクス社製R8C/3MQを搭載したモジュールで、組み込みやすい小型サイズ(22mm×17mm)です。

●仕様一覧


項目 RM-100-RFZ-2
送信出力 1mW(0dBm) *R8C/3MQ デバイス仕様
受信感度 -95dBm *R8C/3MQ デバイス仕様
通信距離 見通し20m以上(使用環境による)
RF周波数 2405MHz~2480MHz
シリアルI/F UART x1、I2C x1(SSUと兼用)、SSU x1(I2Cと兼用)
暗号化 AES方式(鍵長 : 128ビット)
デジタルI/O 15本
電源電圧 1.8V~3.6V
消費電流 送信時 : 18mA(3.0V)/受信時 : 25mA(3.0V)
外形寸法 22 mm × 17 mm
動作温度 0℃~+50℃

*R8C/3MQ用サンプルプログラムは、R8C/3MQ評価ボード(R0K3ZBBR1D900BR)をご購入のお客様を対象に、ルネサスエレクトロニクス株式会社より提供されます。

マイコン評価用ターゲットボード

RL78/H1Dターゲットボード(FB-R5F11PLG-TB)

ルネサスエレクトロニクス社製RL78/H1Dを搭載。


ルネサスエレクトロニクス社製オンチップ・デバッキング・エミュレータ(E2/E2エミュレータLiteなど)を使用して、マイコンの動作を試すためのターゲットボードです。


試作基板ができる前のファームウェアコーディングなどにも最適です。

FB-R5F11PLG-TBの特徴

・RL78/H1D (R5F11PLG) 搭載。

・8MHz と 32.768KHz の発振子を搭載。

・ユニバーサル・エリア(2.54mmピッチ)を搭載。

・フラッシュ・メモリ・プログラミング、オンチップ・デバッグに両対応(TOOL0端子使用)。

・マイコンの端子を周辺ボード・コネクタに配置した高拡張性。

・基板を切り離すことで小型化することが可能。


[製品構成]

・FB-R5F11PLG-TB 本体

・ユーザーズ・マニュアル

●仕様一覧


搭載部品 CPU: R5F11PLG メイン・システム・クロック動作周波数 8MHz(ボード上の発振子を使う場合)
サブ・システム・クロック動作周波数 32.768KHz(ボード上に搭載)
CN3 14pinコネクタ(オンチップ・デバッキング・エミュレータ接続用)
CN4, CN5 アプリケーションボードコネクタ *1
Power LED 赤 x1 (LED2)
評価用 LED 黄 x1 (LED1 は P77 へ接続)
評価用 SW SW1 (INTP0 へ接続)
メイン・システム・クロック (OSC1) 8MHz 発振子 (X1, X2 へ接続)
サブ・システム・クロック (OSC2) 32.768KHz 発振子 (XT1, XT2 へ接続)
未実装部品 CN1, CN2, R8, R9 周辺ボードコネクタ(2.54mm ピッチ) 50pinx2, プルアップ抵抗
IC2, C10, C11, R7, L1 3.0V レギュレータ回路(レギュレータ, コンデンサ, 抵抗, フィルタ)
動作電圧 2.4V~5.5V ※OSC1: 8MHz 発振子使用時

RL78/F15ターゲットボード(FB-R5F113TLLFB-TB)

ルネサスエレクトロニクス社製RL78/F15を搭載。


ルネサスエレクトロニクス社製オンチップ・デバッキング・エミュレータ(E2/E2エミュレータLiteなど)を使用して、マイコンの動作を試すためのターゲットボードです。


試作基板ができる前のファームウェアコーディングなどにも最適です。

FB-R5F113TLLFB-TBの特徴

・RL78/F15 (R5F113TLLFB) 搭載。

・4MHz の発振子を搭載。

・ユニバーサル・エリア (2.54mmピッチ) を搭載。

・フラッシュ・メモリ・プログラミング、オンチップ・デバッグに両対応 (TOOL0 端子使用)。

・マイコンの端子を周辺ボード・コネクタに配置した高拡張性。


[製品構成]

・FB-R5F113TLLFB-TB 本体

・ユーザーズ・マニュアル

●仕様一覧


搭載部品 CPU: R5F113TLLFB メイン・システム・クロック動作周波数 最大 32MHz(ボード上の発振子 4MHz を使う場合)
サブシステム・クロック動作周波数 32.768KHz(ボード上に搭載)
CN3

14pinコネクタ(オンチップ・デバッキング・エミュレータ接続用)

Power LED 赤 x1 (LED3)
評価用 LED 黄 x2 (LED1 は P66、LED2 は P67 へ接続)
評価用 SW SW1 (INTP0 へ接続)
メイン・システム・クロック (OSC1) 4MHz 発振子 (X1, X2 へ接続)
サブ・システム・クロック (OSC2) 32.768KHz 発振子 (XT1, XT2 へ接続)
未実装部品 CN1, CN2 周辺ボードコネクタ(2.54mm ピッチ) 50pin ソケット x2
CN4 LIN コネクタ
CN5 CAN コネクタ
CN6 IE BUS
動作電圧 2.7V~5.5V ※OSC1: 4MHz 発振子使用時

RL78/I1Eターゲットボード(FB-R5F11CCC-TB)

ルネサスエレクトロニクス社製RL78/I1Eを搭載。


ルネサスエレクトロニクス社製オンチップ・デバッキング・エミュレータ(E2/E2エミュレータLiteなど)を使用して、マイコンの動作を試すためのターゲットボードです。


試作基板ができる前のファームウェアコーディングなどにも最適です。

FB-R5F11CCC-TBの特徴

・RL78/I1E (R5F11CCCGBG) 搭載。

・20MHz の発振子を搭載。

・ユニバーサル・エリア (2.54mmピッチ) を搭載。

・フラッシュ・メモリ・プログラミング、オンチップ・デバッグに両対応 (TOOL0 端子使用)。

・マイコンの端子を周辺ボード・コネクタに配置した高拡張性。


[製品構成]

・FB-R5F11CCC-TB 本体

・ユーザーズ・マニュアル

●仕様一覧


搭載部品 CPU: R5F11CCCGBG メイン・クロック動作周波数: 20MHz (ボード上に搭載)
CN1 周辺ボードコネクタ(2.54mm ピッチ) 20pin ソケット(パッドのみ)
CN2 周辺ボードコネクタ(2.54mm ピッチ) 24pin ソケット(パッドのみ)
CN3

14pinコネクタ(オンチップ・デバッキング・エミュレータ接続用)

Power LED 赤 x1 (LED3)
評価用 LED 黄 x2 (LED1 は P10, LED2 は P11 へ接続)
評価用 SW SW1 (INTP0 へ接続)
メイン・クロック (OSC1) 20MHz 発振子 (X1, X2 へ接続)
動作電圧 2.7V~5.5V ※OSC1: 20MHz 発振子使用時

RL78/I1Cターゲットボード(FB-R5F10NPJDFB-TB)

ルネサスエレクトロニクス社製RL78/I1Cを搭載。


ルネサスエレクトロニクス社製オンチップ・デバッキング・エミュレータ(E2/E2エミュレータLiteなど)を使用して、マイコンの動作を試すためのターゲットボードです。


試作基板ができる前のファームウェアコーディングなどにも最適です。

FB-R5F10NPJDFB-TBの特徴

・RL78/I1C(R5F10NPJDFB)搭載。

・12MHz と 32.768kHz の発振子を搭載。

・ユニバーサル・エリア(2.54mm ピッチ)を搭載。

・フラッシュ・メモリ・プログラミングおよびオンチップ・デバッグに対応(TOOL0端子使用)。

・マイコンの端子を周辺ボード・コネクタに配置した高拡張性。


[製品構成]

・FB-R5F10NPJDFB-TB 本体

・ユーザーズ・マニュアル

●仕様一覧


搭載部品 CPU: R5F10NPJDFB メイン・システム・クロック動作周波数 12MHz(ボード上の発振子を使う場合)
サブ・システム・クロック動作周波数 32.768kHz
CN1 周辺ボードコネクタ(2.54mm ピッチ) 20pin ソケット x2 , 6pin ソケット x1 (パッドのみ)
CN2 周辺ボードコネクタ(2.54mm ピッチ) 20pin ソケット x3 (パッドのみ)
CN3

14pinコネクタ(オンチップ・デバッキング・エミュレータ接続用)

Power LED 赤 x1 (LED3)
評価用 LED 黄 x2 (LED1 は P41 へ接続, LED2 は P42 へ接続)
評価用 SW SW1 (INTP0 へ接続)
メイン・システム・クロック (OSC1) 12MHz 発振子 (X1, X2 へ接続)
サブ・システム・クロック (OSC2) 32.768KHz 発振子 (XT1, XT2 へ接続)
動作電圧 2.4V~5.5V ※OSC1: 12MHz 発振子使用時

RL78/G14ターゲットボード(FB-R5F104PL-TB)

ルネサスエレクトロニクス社製RL78/G14を搭載。


ルネサスエレクトロニクス社製オンチップ・デバッキング・エミュレータ(E2/E2エミュレータLiteなど)を使用して、マイコンの動作を試すためのターゲットボードです。


試作基板ができる前のファームウェアコーディングなどにも最適です。

FB-R5F104PL-TBの特徴

・RL78/G14 (R5F104PLAFB) 搭載 ※ES品。

・20MHz と32.768kHz の発振子を搭載。

・ユニバーサル・エリア (2.54mmピッチ) を搭載。

・フラッシュ・メモリ・プログラミング、オンチップ・デバッグに両対応 (TOOL0 端子使用)。

・マイコンの端子を周辺ボード・コネクタに配置した高拡張性。

・鉛(Pb)フリー対応品。


[製品構成]

・FB-R5F104PL-TB 本体

・ユーザーズ・マニュアル

●仕様一覧


搭載部品 CPU: R5F104PLAFB メイン・クロック動作周波数: 20MHz (ボード上に搭載)
サブクロック動作周波数: 32.768KHz (ボード上に搭載) SSP-T7-F SII 社製
CN1, CN2 周辺ボードコネクタ(2.54mm ピッチ) 50pin ソケット x2 (パッドのみ)
CN3 14pin コネクタ (E1接続用)
Power LED 赤 x1 (LED3)
評価用 LED 黄 x2 (LED1 は P75、LED2 は P76 へ接続)
評価用 SW SW1 (INTP0 へ接続)
メイン・クロック (OSC1) 20MHz 発振子 (X1, X2 へ接続)
サブクロック (OSC2) 32.768KHz 発振子 (XT1, XT2 へ接続)
動作電圧 2.7V~5.5V ※OSC1: 20MHz 発振子使用時

780S/KA1+ターゲットボード(FB-78F9222MC)

ルネサスエレクトロニクス社製78K0S/KA1+を搭載。


本製品はルネサスエレクトロニクス社製uPD78F9222MC(20pin SSOPパッケージ)から標準20pin DIPパッケージ(300mil)に変換するDIP変換基板のターゲットボードです。


試作基板ができる前のファームウェアコーディングなどにも最適です。

FB-78F9222MCの特徴

・マイコンuPD78F9222MC実装済み。

・フラッシュ書込み専用端子を用意(書込み用5ピンヘッダ添付)。

・お得な3枚セット。


※注:本製品はRoHS非対応です。


[製品構成]

・FB-78F9222MC 本体

・ユーザーズ・マニュアル

●仕様一覧

電気的特性については 、uPD78F9222 のマニュアルをご覧ください。